パンク修理は自分で

自転車に乗る

自転車に乗っていて一番多いトラブルはタイヤのパンクです。
段差を走っていたり、地面におちている鋭利なガラス片やプラスチック片等を踏んでしまったり、あるいは長距離移動の摩耗が引き金となったりしてタイヤにパンクが生じると、パンク修理を行う必要が出てきます。
自転車屋に行けばたちまちに穴を発見してパッチメントを張ることでパンク修理をしてくれますが、普段自転車で移動している人が自転車に乗れない状態で販売店まで行くのはとても大変なことです。
徒歩圏内にあればよいですが、日本では普通の自転車に乗ってバスや電車等の公共交通機関を使えないので場合によっては何十分も歩いてたどり着くということになるでしょう。

また、パンクの修理にかかる費用も馬鹿にならないのが事実です。パンク修理などの比較的頻度が高く、一度おこってしまうと困るトラブルは自分で対応できるように修理キットを持っておくのがとても便利です。
タイヤのパンク修理は実はそれほど難しいことではありません。
タイヤのパンクしている部分を空気の流れから探し出して、その穴の周辺をきれいにふいて、パッチメントを貼るだけなのです。
しっかりしたパッチメントを使っても500円もしないのでちょっとした作業で実費数百円でパンク修理を実現してしまうことができるのです。
未知のことだからと試してみるハードルは高いですが、一度やってしまうと心配なくできるので、いざというときにとても安心できますよ。

自転車屋やバイク屋が便利

心地よい

自分パンク修理するよりも効率的にタイヤのパンクした部分を修理し、パンクする前と同じような状況に少しでも近づけることができます。
自転車のパンクのついでに、ほかに異常がある部分も気づいてくれるでしょう。
修理は自転車屋だけでなくバイク屋でもしてくれます。
自分の家の近くに自転車屋かバイク屋がないか確認しておけば、いつパンクが起こっても、自分で修理キットを買わずに持っていくだけで、パンク修理が行えます。
一度パンクしたら、パンクした部分から修理をしても空気が漏れやすくなるので、自分で修理するのもいいですが、きちんと穴が塞げているのか確認するのが大変です。
自転車屋などで修理してもらうことによって、空気が漏れていないか確認してくれますし、穴がふさがるまで、何度でも修理してくれます。
値段もお手頃なので、パンク修理の際はぜひ修理に出してみてください。

パンクしやすい場合は

スポーツ

自転車のタイヤがパンクをした経験がある人は多いでしょう。
タイヤがパンクしたらパンク修理をすると思います。
パンク修理は自分でもすることができます。
修理キットを買って、タイヤのパンクした部分にシールを張り空気が漏れないようにします。
しかし、パンク修理しても、一度パンクしてしまった自転車のタイヤはまたパンクしやすくなります。
主に、段差を越えるときや何かものを踏んでしまったとき(石など)にパンクします。
パンクするたびに自分でパンク修理をするのは大変ですよね。
そんな時便利なのが自転車屋などで修理してもらうことです。

修理キットを買っておく

自転車

自転車に乗る以上は、パンクとは無縁ではいられません。
タイヤのパンク修理のための修理キットは、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。
修理キットは安価であるため、タイヤがパンクしてしまうことを想定して、あらかじめストックしておくと便利です。
タイヤの修理が必要となった場合に、すぐに修理に手が打てます。
パンク修理には特別な技能は必要でなく、修理の手順さえ知っていれば簡単にパンク修理ができます。
それでも、パンク修理を苦手としていたり、あるいはタイヤなどの部品が手に入らない場合には、専門店に修理を依頼すればパンク修理は簡単に済ませることができます。
自転車のパンク修理を修理キットやあるいはショップの修理サービスで修繕し、自転車のメンテナンスが万全に済みます。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930